百本桜の軌跡
百本の桜樹、その志しを知る。

城南・山の手。その高台に広がる住宅地「南馬込」。この街には、百本の桜樹が連なる全長約600mの「馬込桜並木通り」があります。その誕生は昭和28年のこと。桜で街を美しくしようと、地域の有志達が百株のソメイヨシノの苗木を一本一本、自らの手で植えたことに端を発しています。この熱き想いは60年余の歳月を超えて引き継がれ、現在は「桜並木保存会」が中心となり壮観な風景美を護っています。百本の桜樹が織りなす爛漫の春は、「新大田区百景」に数えられ、一万人超もの人々が訪れる観桜の名所となりました。馬込はいま、先人達が想い描いたように、桜景を抱く美しき住宅街として気品高く成熟を深めています。

敷地南側に隣接する馬込桜並木通り
馬込桜並木通り沿い、さらに桜並木公園に隣接という贅沢。

<ヴィークステージ南馬込 桜並木通り>は、良質な住宅街・南馬込の象徴とも言える桜並木通り沿いに誕生します。桜並木を南に望むレジデンスの誕生は、実に24年ぶり。さらに東南側もまた、桜や木々豊かな桜並木公園に隣接するという恵まれた立地です。 歩車分離された舗道にはベンチが設けられ、散策を愉しむ人の姿が多く見られます。この風景からも、桜並木通りが如何に地域の人々に愛され、美しい四季に彩られる場所なのかを伺い知ることができます。

24年ぶり 南に馬込桜並木通りが隣接する新築マンション
「馬込文士村大桜まつり」の最前席という歓び
馬込文士村大桜まつり

満開の桜とともに盛大に行われる「馬込文士村大桜まつり」が、バルコニーから望むことができる。これは、この地に住まう大きな歓びです。 祭りは毎年、満開時期を迎えた週末に催され、馬込桜並木通りには模擬店が並び、流し踊りや阿波踊りなどが華やかに繰り広げられます。 また、熊谷恒子記念館や龍子記念館が入館無料になるなど、文士村ならではの桜まつりが愉しめます。

■日時/平成29年4月3日(日)、正午~午後4時30分 ※雨天決行
■会場/桜並木公園、馬込桜並木通り
出典: 文士村へようこそ一般社団法人大森倶楽部

百本桜の軌跡
来場予約はこちら

※1993年以降、南面が馬込桜並木通りに隣接しているのは、1994年4月発売の物件のみとなります。(1993年1月~2016年10月15日時点 データ資料:MRC調査・捕捉に基づく分譲マンションデータ)

※掲載の立地概念イラストは、地図と航空写真を基に制作したもので、距離・建物の高低差等は実際と異なります。

  • トップページ
  • 清水の実績
  • 始発駅・都心直結
  • 馬込桜並木通り
  • 城南・山の手
  • 百桜邸苑
  • 間取り
  • ヴィーク・グレード
  • モデルルーム
キャンペーン
資料請求
来場予約
ページトップへ